引越しをするなら現状回復が必要|去る時のマナー

第三者の存在が重要

リフォーム

オフィスを借りて事業をしていて退去するときには、そのオフィスを原状回復工事をする必要が借主にはあります。原状回復工事とは、入居時と同じような状態にまで工事をすることで、この工事内容は契約時に決められた形で工事をしていきます。この原状回復には借主にどのようなメリットがあるのかと思う人もいるかもしれませんが、基本的には借主にはメリットはありません。このメリットのない原状回復には多くの費用が必要となります。小さめのオフィスであっても坪単価2〜5万円程度、それ以上のオフィスでは5〜10万円程度が相場です。退去するときにこれほどの費用が必要になってしまうと、事業の経営者にとっては大きな負担となります。経営者にとってはメリットのない退去時の原状回復ではできるだけ費用は抑えたいものです。そのために、複数の業者に見積り依頼をするのですが、多くが相場以上の費用を請求してくるケースが多いようです。見積もりを確認しても、素人目には何が高いのかが分からず、結局高い費用を支払っている人も多いです。そのため、原状回復工事の際には専門家である第三者の存在が不可欠です。第三者の立場で見積りを確認して交渉してみると、工事費用は半分近くまで削減できたといった人もいるほどです。原状回復工事の際には、複数社から見積もりを出してもらいその中から安いところを選ぶだけでなく、第三者の専門家に依頼をして、しっかりと見積りを確認してもらうことが大切です。