引越しをするなら現状回復が必要|去る時のマナー

リフォーム

第三者の存在が重要

オフィスを借りていた場合には、退去するときに原状回復工事を借主はする必要があります。この原状回復では借主にはメリットはないことから、できるだけ費用をおさえたいところです。この費用を抑えるためには、専門家などの第三者の存在が重要です。

リフォーム

原状回復の業者を指定する

賃貸不動産において退去が発生する時は、必ず原状回復工事を行います。この工事を担当するのはたいていは家主指定の業者ですが、賃貸借契約書に定めがなければ入居者側が指定したい旨の申し出を行い、話し合いによって決めることもできます。

賃貸経営に大切なこと

空き部屋

必要なメンテナンス

近頃は低金利の影響もあり、将来の年金対策や節税対策の目的で不動産投資をする人が増えています。不動産投資とは、収益物件となるマンションやアパートなどの不動産を購入し、賃貸経営を行い、家賃収入を得ることです。不動産投資で賃貸経営をする場合、入居者の退去は避けて通れない道です。入居者が退去した際に、再度賃貸募集を行う場合は、基本的に現状回復を行います。現状回復とは退去した入居者が入居する前の状態に戻すことです。内容としては、クロスの張り替えやフローリングの張替えなどがあります。室内に大きな問題がなければ、ルームクリーニングのみで再度賃貸募集をすることも可能ですが、現状回復をすることによって、新たな入居者が早く見つかったり、前回と同等または、前回以上の家賃で入居者が付く可能性も高まります。賃貸経営をする際に空室期間が発生すると、家賃収入が得られない為、期間が長ければかなりのマイナスになります。その為、現状回復を行い、早く新たな入居者が見つける必要があります。特に、同じマンションやアパートで複数の部屋が賃貸募集が出ている状況であれば、現状回復をしっかり行うことで、他の部屋よりも付加価値を付けることができます。現状回復は当然費用が発生する為、毎回することが必ずしも正しいというわけではありませんが、物件の状況をしっかり把握して、周りの賃貸募集状況も確認した上で、現状回復を行うかどうか判断する必要があります。

設計

賃貸物件の解約

住宅にせよ商用にせよ賃貸物件を借りて、退去する際には契約に基いて物件をもとの状態に戻す必要があります。商用においては内装解体やスケルトン工事というものがありますが、これらは撤去のみですが、原状復帰とした場合には次の借り主のための修繕作業も含まれます。